« 2018年4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2012年11月20日

鍵盤小口の修理

皆さん、おはようございます


昨日は寒さのあまり


冬場のお友達、USBひざ掛けのお世話になった
池田ピアノ運送株式会社 営業企画課の加藤です

関東地方、今日は少しあたたかくなりそうです

ところで 皆さ~ん


ピアノの鍵盤の 「小口」 って 一体どの部分か、ご存じですかあ


ピアノのある生活を送っているかたなら 当然ご存じ

ピアノとあまり縁のない生活を送っているかたは 「」 かと思われます


ちなみに私は後者ですので、この会社に入ってから 初めて知りました

鍵盤蓋を開けて~


いちばん最初に視界に入る この部分 コレが小口です

大切にお使いになっていても、年数がたつとどうしても


このように 黄ばんで変色してきたりとか~

端が欠けてきたりとか~


そんな小口をキレイに貼り換えて、リフレッシュすることができまあす


続きは次回をお楽しみに

当社のピアノメンテナンス(調律・修理・買取り等)は
グループ会社
株式会社アフターで担当していま~す!!


ピアノ 楽器 輸送 引っ越し 調律 修理 付属品販売 ピアノ買い取り
複写機 プロッター 金庫 仏壇 オーディオ ラック 精密機器

池田ピアノに任せて安心!
池田ピアノ運送株式会社 
0120-70-0088

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.ikedapiano.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/605

Home
池田ピアノ運送

Google +1