« 2018年4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2011年10月 2日

どうやって運ぶんだろう?????

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

もやもやが取れないんですが。。。

この原因、先日行ってきました「恐竜展」に理由があります。

上野の国立科学博物館で開催していたので、見に行ったんです。


有名なティラノサウルス。


骨格にリアリティがなかった何とかサウルス。


私が好きな恐竜、ヘスペロサウルス。

恐竜を見に行ったはずが、館内に入った瞬間、頭の中は、

「輸送技術」

どうやってあちこちから運んできて設置するんだろう???

ばらすんだろうか???

バラすとすると、骨格の構成を再現するのにどうやってるんだろうか???

いや~~この仕事をしている方々、すばらしい!!

姿勢の再現などは学者先生や、博物館の先生など、専門家の方々の

指導で行うのでしょうけど、運ぶのは???

そのままで運ぶとすると、凄いことですよね?

いつかこういう仕事の仕切りをしてみたいものです。

運ぶのが難しいものを、運ぶ。

荷役の究極って何でしょうね?

やはり一生のうちにNo1になりたいものです。

「運ぶことについては、小久保に聞け」

あらゆる業界でこの言葉を聞く日が私の最終型でしょう。

頑張るぞ~!

青年に贔屓なクラーク博士に一言!
"Ossans", be ambitious!

精密機器・機械の特殊輸送は⇒池田ピアノ運送株式会社
【当社代表のブログ】⇒入り婿二代目B型社長の奮闘記

精密機器運送・ピアノ引越し・スピーカー/オーディオ運送


関東圏内自社便にて展開中!


2t、4tパワーゲート約60台 内小型クレーン約30台保有


池田ピアノ運送株式会社(東京・神奈川・埼玉・千葉・山梨・群馬) 


常総梱包運輸有限会社(茨城・栃木)

ピアノ買取・調律・修理・クリーニング・中古の倉庫お値打ち販売

Google +1
2011年8月22日

効いたかな?

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

先日、フォント5倍で「暑い」と書いて以来、涼しいです。

訴えが効きましたかね?

夜は少し寒いくらい。

昨日も油断してタンクトップで寝てたら、朝起きたら少しのどが痛い・・・。

なんだか、暑かったり涼しかったりですね。。。

さて、お盆までの忙しさも少し落ち着き、年末に向けてのいろいろな

準備に取り掛かる時間が少し出来ました。

来月は3の倍数月なので、精密機器関係のお客様が忙しくなる予定 ♪

それまでに機材のメンテナンスや備品のストックなど、閑散期ならではの

社内のお仕事があります。

油圧機器の整備や、養生材料の見直し、梱包材の補充などもこの時期の

重要なお仕事。

来月の様々な展示会業務(秋は展示会が多いんです)へのお問合わせや

調整など、年末に向けての調整が出来る、貴重なタイミング。
展示会業務は⇒
池田ピアノ運送株式会社へ御用命を

その貴重なタイミングに体調を崩しては元も子もありません。

暑かろうが寒かろうが、自己管理自己管理!!

技術を売る少数精鋭の業界ですから、一人でも欠員が出ると、お客様に

御迷惑がかかってしまいます。

なので、皆様同じでしょうが、当社は特に健康管理が重要。

そういえばもうすぐ健康診断。

少しダイエットしようかな???

皆様も残暑が厳しいと思いますが、健康にお過ごしくださいね。

ありがとうございました。




Google +1
2011年6月28日

花イベント

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

当社は頂いているお仕事の特性上、年間の波動が少しあります。

ピアノ関連で言うと国内は春、海外は夏。

ピアノ輸送は御用命を⇒池田ピアノ運送グループ

精密機器はやはり3月・6月・9月・12月と、3の倍数月。

精密機器輸送は御用命を⇒池田ピアノ運送グループ

春はやはり両方の繁忙期ですので、ぼちぼち忙しいです。

1月2月5月7月10月11月に忙しいお客様募集中⇒池田ピアノ運送グループ

つまり、花見に縁が無い。。。

夏は夏で花火に縁が無い。。。

花が付くイベントに殆ど参加した記憶がありません。。。

かなり前、私が足立営業所(東京都足立区)に在籍していたころに、

荒川の花火を見に行こうと営業所の皆で予定し、代表でN君に場所取りを

お願いし、仕事が終わってダッシュで皆で行った覚えがあります。

私にとっては関東で初花火でしたので、かなり楽しみだったのですが、

着いて10分後に終了・・・・・。

当時、N君はかなり良い場所を取り、誰もいない中でプレッシャーに耐え、

広いピクニックシートで一人で2時間近く凌ぎ切ったツワモノでした。

その後、花見・花火共に、何度か計画したのですが、実績は「0」・・・。

そんな訳で「花」が付くイベントに参加できない業界のお話でした。


でも!

「花」には絡めませんが、仕事には「華」を絡めます!
魅せるお仕事⇒池田ピアノ運送株式会社


今年こそは花火を!と思いつつ15年ほど経過。

ちなみに一番好きな花火は「線香花火」。日本の心です。

花火のお誘い、お待ちしております。

お客様のお誘いなら、堂々と行けますよね~!!

さて、暑くなってきました。皆様も熱中症に気を付けてくださいね!

次回お楽しみに!


Google +1
2011年6月 6日

被災地の方とのお話

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

当社のお仕事は全国区。


必然的に、今回の震災被災地の各県の方々とお話の機会があります。

今日、私が懇意にしていただいている通信関係の販社様から、

「宮城の沿岸部に配送できる??」

とのお問い合わせをいただきました。

震災後、様々なお客様から当社の全国ネットワークを頼りに東北への

配送案件のお話を以前よりもいただくようになりました。

都度都度、該当の拠点に打診して状況の確認をするのですが、

やはり現地はまだまだフル稼働の状況ではなく、関東から、普通だと

指定期日にお届けが出来る荷物が、大手の運送会社様でもなかなか

お約束が難しいようです。

宮城では塩釜、気仙沼、松島、女川とやはり被害が大きかったエリアへ

輸送のお話が非常に多く、道路が大変な混み具合だそうです。



3/11は関東でも大きく揺れましたが、東北に比べるとかわいいものでした。

やはりあの巨大津波による被害が最も大きかったのでしょう。

テレビの報道に私も連日見入っていました。

でも分からない。

想像や一部映像の中で視覚として情報は入ってきたとしても、

あの津波の恐ろしさと、今の東北の現状は実際に目の前で見ないと

分からないと思います。



去年の秋にT電力様の大判プリンター交換で女川に行きました。

海岸線を走り、メーカーの方と松島の港で「姿ウニ?」食べました。

あの漁港の海鮮レストラン、どうなったんだろう???

私にとっては一つの思い出のレストランですが、現地の方々は、

「あそこ、どうなったんだろう???」が日常的に山ほどあるんでしょうね。

普段はあまり感傷的にならない私ですが、想像すると心が痛みます。

この痛みが電話の度に頭のほとんどを占めています。

でも明らかに伝わってくるのが、現地の彼らの再建への熱意。

「俺たちに任せろ!」

「何が何でも元通りになるぞ!」

凄いです。。。

私は元は関西人ですが、関東も長い。

仮に関東大震災が来たら関東人として彼ら東北人と同じくありたい。

そんなことを思いながら彼ら東北人と話します。


※今回の震災で被災された方々に
 謹んでお悔やみとお見舞いを申し上げます。
 一日も早い復興と再建を心よりお祈り申し上げます。

頑張ろう!!日本!

Google +1
2011年5月16日

いつも迷うこと・・・

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

最近、急に暖かくなりましたね。日も長くなり夏が待ち遠しいです。

さて、今日は重量物(印刷機)の入替作業の現地調査に行ってきました。

会議を途中で抜け、すっ飛んで行き、お約束の時間ジャストに到着。

危ない危ない・・・。


今回の内容は。。。。。

搬入する機械は軽い(300㎏ちょい?)のですが、搬出機の重さが1t


実はこの機械、

我社の機械取扱作業幅を大きく拡張してくれた張本人(機?)


メーカー様が未熟な我社を育ててくれた、我々にとってはかけがえのない、

恩人のような精密印刷機械

作業の安全面もさることながら、取り扱い方法や輸送方法など、イロイロと

勉強してきた精密印刷機械でもあります。

メーカーの方からもイロイロと教えていただき、未だ勉強中(?)です。

某メーカーの皆様、いつも感謝しております!!

さて、現地を確認しますと2階に納品、2階から引き揚げでした。

階段は重量的に無理、エレベーターも入らない。でも窓は大きい。

一通り見終わったところで、馴染みのメーカーの営業様から、

営業様:「小久保さん、これはクレーン?フォークリフト?
小久保:「ん~・・・。フォークでしょうね

搬入出時に使用する重機の種類の話なのですが、焦点はコスト。。

実はこの作業規模だとクレーンでもフォークでも微妙なんです。

あとは安全性をどこまで確保して、人員をどこまで配置して、という

ケアの問題。

今回は現地でざっと頭の中で計算して「フォークリフト」という回答に

辿り着きました。。。

  重機・特殊作業は御用命を
池田ピアノ運送グループ


いつもこの

「ザット計算」 対 「コンプライアンス」

が頭の中で闘うんです。

瞬時に回答されるスペシャルな方もいらっしゃるんでしょうね。

私はどうしても心配性なのであらゆるコスト配分で対比してしまう・・。

「ん~・・・。フォークでしょうね」を

「間違いなくフォークです!」と言い切れる判断力。


ギガビット対応の頭脳を装備してれば解決できそう(笑)

もっともっと自分を磨かないとダメですね。。頑張ります!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回をお楽しみに。。

当社を育てていただける法人様募集中!
⇒池田ピアノ運送グループ

Google +1

Home
池田ピアノ運送

Google +1