« 2018年4月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2011年5月31日

目に見えないもの

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

さて、当社では「品質」というものを最も大事にしています。

一概に品質と言っても、作業品質・接客マナー・業務品質なのか、

いろいろな品質があると思います。

当社が関わる全ての品質を大事にしているんです。

時代の移り変わりとともにお客様のニーズも変わり、

1:マナーが良くて当たり前!
2:一般常識を知っていて当たり前!
3:清潔で当たり前!
4:対応が良くて当たり前!
5:最後に仕事が出来て当たり前!

つまり、当時はピアノ運送の職人集団であった当社も、いまや

洗練されたスマートなサービス業の従業員

でなければ世間では認められません。

サービス品質向上への取り組み⇒池田ピアノ運送㈱ http://www.ikedapiano.co.jp/

「よし!TOPを目指そう!」から始まり、

会長も社長も、さらには管理者から現場の作業員にいたるまで、

朝の挨拶から、終礼の挨拶まで、日がな意識を変える努力を行い、

マナーの良い、清潔で、爽やかで、対応の良い集団を理想に掲げ、

様々なミッションに取り組んでまいりました。
 注)私は爽やか?にはほど遠い「どろソース顔」ですが(笑)


↑こんなサッパリ醤油顔の爽やか青年(当社社員・澤村君)も在庫中(笑)
   

まだ完成とは言えませんが、およそ私が入社したころの当社とは

大きく変わりました。


↑このようなマナー講習も実施しています。

さて、当社のマナー面での成長を尻目に、世間では「モラル」という

「常識・道徳」的な部分が重要視されてきました。

考え方としては非常に難しい部分になってきますが、やはり当社は

運送業界の中では個人様の業務が非常に多いので、絶対に外せない

部分です。

すでにイロイロと取り組んで勉強中です。


↑営業所のミーティング

作業の品質も非常に大事です。

作業の品質は目に見えますが、一番難しいのは「目に見えない品質」

この部分を大事に培っていきたいものです。

☆品質向上ミッション中☆
池田ピアノ運送株式会社 http://www.ikedapiano.co.jp/
常総梱包運輸有限会社 http://www.josokonpo.com/

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回はオモシロネタで行きましょう!

☆品質追求企業☆
池田ピアノ運送株式会社 http://www.ikedapiano.co.jp/

常総梱包運輸有限会社 http://www.josokonpo.com/



☆社長奮闘記~当社代表のブログです☆
http://ameblo.jp/ikedapiano-teru/

Google +1
2011年5月27日

実験したりします

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

この前、「目見当」がどうのこうの、などとカッコイイ事を書きましたが、

稀に「やってみなきゃ分かりません」という場合があります。

熟練のベテランが見ても分からない場合があるんです。

私は過去に1回ありましたが、とあるお客様(個人様)の家にピアノが

入っていたんです。

このピアノ、部屋に入れるときにギリギリだったんですが、いざ御引越で

私が出しに行くと、部屋から出ないんです・・・。

最低限(新聞紙)でドアとピアノの隙間に養生して、殆どピアノを裸で

担いでも出ない・・・。傷が付くと困るのでやめました。。。。。

建てつけの問題で、木が膨らんだのが原因でした。

「あと1mmあれば出たのに~」などとボヤキながらピアノを解体して

搬出したのを覚えています。

事前に狭いことが分かっていると、下見に伺います。

ほとんどが目見当で可否が分かるのですが、たまにメジャーを使います。

それでも分からない難しい場合があります。

そういう場合、「模型」を作ります。

再度、お客様にアポを頂いて、製品寸法ぴったりの模型を作る。



先日は洗濯機の模型を作りました。



家の裏側を通して、洗濯機がこんな感じに進んでいきます。

ギリギリなので養生も出来ず、という想定です。



模型で測ってみたら通路・窓ともに余裕は2mm。

角度も絡むので測っても分からないはずですよね。。。

最終的にこの窓から、正面にある鉄の杭をかわしながらお風呂場に搬入。

こちらの現場も見ただけ・測っただけでは判断が付かず、

最終的に模型を使って判断して、正解でした。

無事収まり、めでたしめでたし!

まさに、「やってみなきゃわからない」の代表的な納品でした。

ここで、当社の強みというのが、

「やってみなきゃわからない」のですが、

「やったら殆ど確実に入る」というところ。

当社の他の担当者同様、私もチャレンジ精神が旺盛(笑)なので、

いろいろな難しい現場に取り組んできました

入らなかったのは先日ブログで書かせていただいた1件。


何が何でも搬入する、というスタンス

ピアノ屋ならではの「技」が光るお話しでした。


お試しはこちら池田ピアノ運送株式会社http://www.ikedapiano.co.jp
              ⇒常総梱包運輸有限会社http://josokonpo.com/

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回をお楽しみに!



 大型家電/家具の特殊搬入・家財/オーディオの搬入など、個人様大歓迎!
  欲しかったソファーをぜひリビングに!
   諦めていた大型省電力冷蔵庫をキッチンに!
    池田ピアノ運送株式会社http://www.ikedapiano.co.jp

   ⇒常総梱包運輸有限会社http://josokonpo.com/





Google +1
2011年5月26日

ピアノを運ぶ、ということ

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

私は今、産業機械精密品オーディオ、重量物などの担当ですが、

じつは8年前まではピアノ専門でした。


ところで、ピアノを運ぶというイメージは、普通ですとなかなか想像が

つかないのではないでしょうか?



軽いもので200kg前後、重いグランドピアノですと約600kgという、

人力で運ぶのって無理?的なものを人力で、しかも2人で運ぶ。

最近でこそ、安全面を考慮して300kg以上のものは4名で運ぶなど

していますが、当初は500kgが2人で運べて当たり前、という業界でした。



私が入社したころは朝から晩までピアノのみを運んでいました。

中には体重が50kgくらいの技術者もいるのですが、自分の体重の

4倍~10倍くらいのものを簡単に持ち上げてしまう・・・。

ラグビーで鍛えていたので、多少の自信はあったのですが、やはり

はじめは非常にしんどかった・・・。

それが、3年ほど経つと、しんどくなくなるんです。

「コツ」ですね。これを覚える。

そうすることで重さをあまり感じなくなるんです。

我ながら不思議な感じでした(笑)

その「コツ」をつかむと今度、いろいろな事が出来るようになる。

よく、目見当(めけんとう)と言って見切りのことを言いますが、

複雑な形状の物を、とある場所に入るか入らないかの判断で、

正確に寸法を測るよりも、目見当の方が正確になるんです。

本当に不思議でした。

どの業界も同じかも知れませんが、

パッとみて瞬時に判断できる=スペシャリストなんでしょうね。




こうやってピアノ運送の技術者が育っていきます。

この技術が様々な製品の輸送や作業に活かされています。

精密機械やオーディオなど、特に当社の技術が活きる部分ですね。

ピアノ輸送・オーディオ輸送・精密機器輸送の御用命は⇒
  池田ピアノグループへ http://www.ikedapiano.co.jp/


長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回をお楽しみに!

池田ピアノ運送㈱⇒http://www.ikedapiano.co.jp/
常総梱包運輸(有)⇒http://www.josokonpo.com/

Google +1
2011年5月23日

サーバーラックの輸送・取り扱い

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

先日に続き、当社の作業の御紹介をさせていただきたいと思います。

当社の得意とする作業で、サーバーラックなどの通信設備

があります。

 通信設備納入・移設・設置は
   池田ピアノ運送㈱第二営業グループ⇒seya@ikedapiano.co.jp
   へお問い合わせください
   



企業様は御存じと思いますが、いわゆる大きなコンピューター設備です。

サーバーラックとひとくくりで言われがちですが、実は様々な種類のものが

一般的に製品化されて普及されています。

例えば、商品ジャンルで分けると、

「サーバーラックは、サーバーを収納するから、サーバーラック
通信回線や、ネットワーク機器を入れるものはネットワークラック

などなど。

使用方法や種類で分けると、

「地震に強い、耐震型サーバーラック⇒今後増えそうですよね?
「機密保持性の高い、セキュリティラック
「ケーブルだけを綺麗にハウジングする、ケーブルラック

などなど、他にもたくさんの種類のラックがあります。

これらのラックを、ユーザー様の施設に搬入し、

固定したり、
連結(繋げて並べる)したり、
仕様変更したり、

搬入した後の次のベンダー様に引き渡すまでのお仕事を頂いてます。
 ※ちなみに次のベンダー様というのは、ケーブリング(電力や回線など)を
  御担当される会社様や、サーバーを組み込まれるシステム会社様など
  こちらもケースバイケースです。



メーカー様の工場より積んで、検品をしっかりと行って、様々な条件のもと

ユーザー様先へ納入するお仕事です。

最近では、設置や組み換えなどの搬入後のお仕事もよく頂きます。

サーバーラック(キャビネット)の御取り扱いは
 ⇒
池田ピアノ運送㈱へ http://www.ikedapiano.co.jp/

ちなみに、中身は?

そう、中身も運びます

サーバーやネットワーク機器類、UPSといってバックアップ電源や

その他、細かく分けると凄い種類なのですが、精密機器です。

慎重に脱着したり、静電気の防止対策を取ったり、衝撃を抑えるための

梱包を行ったりと、非常に商品に対して気を遣う部分でもあります。

細やかな気配りが重要視されるお仕事です。

そんな通信設備のお仕事、当社の作業技術が活かされる部分です。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回をお楽しみに

 キャビネット輸送・通信設備など、大口/小口に関わらず御対応いたします!
 池田ピアノ運送㈱⇒http://www.ikedapiano.co.jp/


 関東圏ピアノ業界ユニック車・最多保有!(関東圏30台)
 池田ピアノグループ
  東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨・群馬・静岡⇒池田ピアノ運送㈱
  茨城・栃木⇒常総梱包運輸(有)



Google +1
2011年5月20日

特殊な搬入技術

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

当社は池田ピアノ運送㈱の名前通り、原点はピアノの運送屋さんです。

そこで、機械を運んでいるときに、お客様からよくいただくお言葉。

お客様:「イケピーさんてピアノ屋さんだよね~~?????」
※お客様、皆様、我社を「イケピー」と呼んでいただいているようです。
 「イケピア」なんて呼ばれたりも?

:「そうですね!ピアノ屋ですよ」

お客様:「なんでうちの製品運んでるの?????」

:「どうしても運びたかったんですよ~(笑)」

お客様:「(笑)」

なんて話が良く現場では飛び交ってます・・・。

ピアノ屋はピアノしか運ばない?という一般概念的なイメージが強い

のでしょうか?

実は機械関係や特殊な製品・作業で広範囲なシェアをいただいてます。

 精密機器・重量物・オーディオ・医療機器・通信設備などお問い合わせください
  ⇒
池田ピアノグループ(関東全域自社エリア・国内全エリアネットワーク保有)

そんな

ピアノ屋はピアノしか運ばない?

的な
一般概念を払しょくさせていただくため、

先日行った作業の御紹介をさせていただきたいと思います。


神奈川県のとある印刷会社様に大型のワイドプリンターの搬入で

伺ってきました。

2階へ搬入のため、窓の外にステージを制作しての搬入となりました。



強度と水平を確認しながら作業を進めていきます。



準備が出来ると、製品を吊上げて搬入します。



クレーンのオペレーターと息を併せて指で合図しながら慎重に

ステージの上に降ろしていきます。

製品と作業員の両方の安全を確認しながらの作業です。



最も緊張が漂う瞬間でもあります。

私はこの緊張感がたまらなく好きなんです(笑)

アドレナリンでも出ているのでしょうか?(笑)



そして、予定通りスムーズに作業が完了。ほっと一息です。



ピアノ運送屋さんですので、重たいものは実は得意なんです。

クレーンが届かなくても、

階段が狭くても、

どう見ても入りそうになくても、

絶対無理とあきらめずに、まずはお問い合わせください。

私はこの業界では若手で、まだまだ未熟ですが、

「これは無理ですね・・・。」

1回だけお客様に、そう答えざるを得なかった現場がありました・・・。

今でも悔しかったことを覚えています・・・。

    ピアノ・家具・オーディオ・機械・重量物の輸送・設置は
  
池田ピアノグループへ⇒http://www.ikedapiano.co.jp/

そう、当社にとってピアノ輸送は特殊技術の結晶

その特殊技術を様々な製品輸送に活かしてます。


長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

ぜひ次回をお楽しみに。

当社社長のブログ⇒http://ameblo.jp/ikedapiano-teru/
池田ピアノ運送株式会社⇒http://www.ikedapiano.co.jp/
常総梱包運輸有限会社⇒http://www.josokonpo.com/

Google +1
2011年5月18日

倉庫

 こんにちは。ブログ担当の小久保です。

今日は少し「倉庫」のお話です。

 
倉庫・流通加工はお問い合わせを⇒池田ピアノ運送グループ

当社の倉庫はこの時期、通年で最も見通しの良い?時期です。

ピアノの繁忙期も終わり、機械関係の商品も動かず、家電も動かず。。。

非常に風通しが良い?と言いますか、何とも寂しい時期です。

そこで、そんな時期だからこそ出来ることをやってます。

当社グループの倉庫はほとんどが鉄板貼。

ピアノや精密機械をストックするために、コンクリートの床だと削れてしまい、

粉だらけになってしまうので、どうしても鉄板床なのです。


倉庫鉄板3

実はこの鉄板床、メンテナンスが重要!

磨かないとすぐにサビサビに・・・。

そこでこの時期、特に磨きます。

埃は毎日モップで全面清掃を何回も行うのですが、普段は

資材が置いてあって磨けない場所もせっせと磨きます。

特に精密機器は静電気でくっついてくる埃が大敵。。。

普段からの「3S」が非常に重要な倉庫なんです。

倉庫鉄板1

埃を見たらモップ!

常に心がけて綺麗にしていたいです。

  
倉庫・流通加工はお問い合わせくださいませ⇒池田ピアノ運送グループ


Google +1
2011年5月16日

いつも迷うこと・・・

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

最近、急に暖かくなりましたね。日も長くなり夏が待ち遠しいです。

さて、今日は重量物(印刷機)の入替作業の現地調査に行ってきました。

会議を途中で抜け、すっ飛んで行き、お約束の時間ジャストに到着。

危ない危ない・・・。


今回の内容は。。。。。

搬入する機械は軽い(300㎏ちょい?)のですが、搬出機の重さが1t


実はこの機械、

我社の機械取扱作業幅を大きく拡張してくれた張本人(機?)


メーカー様が未熟な我社を育ててくれた、我々にとってはかけがえのない、

恩人のような精密印刷機械

作業の安全面もさることながら、取り扱い方法や輸送方法など、イロイロと

勉強してきた精密印刷機械でもあります。

メーカーの方からもイロイロと教えていただき、未だ勉強中(?)です。

某メーカーの皆様、いつも感謝しております!!

さて、現地を確認しますと2階に納品、2階から引き揚げでした。

階段は重量的に無理、エレベーターも入らない。でも窓は大きい。

一通り見終わったところで、馴染みのメーカーの営業様から、

営業様:「小久保さん、これはクレーン?フォークリフト?
小久保:「ん~・・・。フォークでしょうね

搬入出時に使用する重機の種類の話なのですが、焦点はコスト。。

実はこの作業規模だとクレーンでもフォークでも微妙なんです。

あとは安全性をどこまで確保して、人員をどこまで配置して、という

ケアの問題。

今回は現地でざっと頭の中で計算して「フォークリフト」という回答に

辿り着きました。。。

  重機・特殊作業は御用命を
池田ピアノ運送グループ


いつもこの

「ザット計算」 対 「コンプライアンス」

が頭の中で闘うんです。

瞬時に回答されるスペシャルな方もいらっしゃるんでしょうね。

私はどうしても心配性なのであらゆるコスト配分で対比してしまう・・。

「ん~・・・。フォークでしょうね」を

「間違いなくフォークです!」と言い切れる判断力。


ギガビット対応の頭脳を装備してれば解決できそう(笑)

もっともっと自分を磨かないとダメですね。。頑張ります!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回をお楽しみに。。

当社を育てていただける法人様募集中!
⇒池田ピアノ運送グループ

Google +1
2011年5月14日

段取りのお話し

 こんにちは。

池田ピアノ運送グループ
・ブログ担当の小久保です。

精密機器や重量物を運ぶ(もちろんピアノ屋ですのでピアノ運びます

にあたって、やはりとても大事なことが「段取り」です。

どの業界も同じかもしれませんが、「段取り8分」とはよく言ったもので、

準備と工程の把握次第で現場の流れが全く変わります

さて昨日、

「機械を2階から搬出してお客様の御準備されたトラックに積む」

というお仕事を頂いて、私の上司とお伺いしてきました。



上司の若林課長今度詳しく御紹介します

実は・・・。

この作業、無事終わりましたから暴露しますが、フタを開けるまで、

「どのような作業になる」という肝心な段取りが正確に見えてませんでした。


ナゼか?

事前に現地調査に行くはずの機械現場担当が多忙で、我社の引越

部門の責任者に同行出来なかったのです。

我社はイロイロな部署があり、精密機械や産業機械は横浜営業所

で担当させていただいてます。普段から機械を触りますので、

現地調査に行ってもやはり「見るポイント」があるんです。




その「見るポイント」はやはり経験で培うもの。

当日伺った引越の責任者も他の製品についてはプロパーです。

配車から営業、受注、データ管理までこなしてしまうツワモノですが、

やはり「
餅は餅屋」。。。

前日のやりとりの間で、私との段取り話がある程度しか出来なかった。。

しかし!お客様にエラーを出すことは絶対のタブーです。

前日からあらゆる事態を想定した準備を行い、

フル装備で、やる気マンマンで現場入りしました。

・・・・・結果、使わない資材がたくさん出ました。

でも、それはそれ。


お客様に喜んでいただければ全て良し!

見込み完了時間よりも1時間早く無事終了しました。




「段取り」。。。
とても大事です!!


ピアノ・精密機器・機械・オーディオ・金庫・印刷機など
万全の態勢でお仕事します
池田ピアノ運送グループに御用命を。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回をお楽しみに。。。。。



Google +1
2011年5月12日

ブログオープン!

はじめまして!担当の小久保です。

ブログオープンです!

初めてのブログでの情報発信ですので少し緊張します。

末長く暖かく見守ってくださいね。。。


まずは私どものお仕事紹介です。

ピアノ・精密機器・重量物・家電など、様々な商品を特殊な技術で運んでます。

池田ピアノ運送株式会社 東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨・群馬・静岡の担当です。
常総梱包運輸有限会社 茨城・栃木の担当です。

池田ピアノ運送グループとして、両社で関東圏全域をカバーしてます。

国内のネットワークもありますので、実際は北海道から沖縄までどこでもOKです。

詳しいお仕事の中身はぜひHPをご覧くださいね。

池田ピアノ運送株式会社 東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨・群馬・静岡の担当です。

常総梱包運輸有限会社 茨城・栃木の担当です。


さて、私たちのお仕事は技術と品質が命

ピアノを運ぶ技術や他にも色々なワザ?を使います。

そんなワザや、日々のオモシロネタ現場目線書いていきます。

「へ~~!」って感じで読んでいただければ嬉しいです。

それでは、今日はまず御挨拶でした。

次回をお楽しみに!



Google +1

Home
池田ピアノ運送

Google +1