« 2022年6月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
2011年5月14日

段取りのお話し

 こんにちは。

池田ピアノ運送グループ
・ブログ担当の小久保です。

精密機器や重量物を運ぶ(もちろんピアノ屋ですのでピアノ運びます

にあたって、やはりとても大事なことが「段取り」です。

どの業界も同じかもしれませんが、「段取り8分」とはよく言ったもので、

準備と工程の把握次第で現場の流れが全く変わります

さて昨日、

「機械を2階から搬出してお客様の御準備されたトラックに積む」

というお仕事を頂いて、私の上司とお伺いしてきました。



上司の若林課長今度詳しく御紹介します

実は・・・。

この作業、無事終わりましたから暴露しますが、フタを開けるまで、

「どのような作業になる」という肝心な段取りが正確に見えてませんでした。


ナゼか?

事前に現地調査に行くはずの機械現場担当が多忙で、我社の引越

部門の責任者に同行出来なかったのです。

我社はイロイロな部署があり、精密機械や産業機械は横浜営業所

で担当させていただいてます。普段から機械を触りますので、

現地調査に行ってもやはり「見るポイント」があるんです。




その「見るポイント」はやはり経験で培うもの。

当日伺った引越の責任者も他の製品についてはプロパーです。

配車から営業、受注、データ管理までこなしてしまうツワモノですが、

やはり「
餅は餅屋」。。。

前日のやりとりの間で、私との段取り話がある程度しか出来なかった。。

しかし!お客様にエラーを出すことは絶対のタブーです。

前日からあらゆる事態を想定した準備を行い、

フル装備で、やる気マンマンで現場入りしました。

・・・・・結果、使わない資材がたくさん出ました。

でも、それはそれ。


お客様に喜んでいただければ全て良し!

見込み完了時間よりも1時間早く無事終了しました。




「段取り」。。。
とても大事です!!


ピアノ・精密機器・機械・オーディオ・金庫・印刷機など
万全の態勢でお仕事します
池田ピアノ運送グループに御用命を。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回をお楽しみに。。。。。



Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.ikedapiano.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/383

Home
池田ピアノ運送

Google +1