« 2022年6月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
2011年5月20日

特殊な搬入技術

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

当社は池田ピアノ運送㈱の名前通り、原点はピアノの運送屋さんです。

そこで、機械を運んでいるときに、お客様からよくいただくお言葉。

お客様:「イケピーさんてピアノ屋さんだよね~~?????」
※お客様、皆様、我社を「イケピー」と呼んでいただいているようです。
 「イケピア」なんて呼ばれたりも?

:「そうですね!ピアノ屋ですよ」

お客様:「なんでうちの製品運んでるの?????」

:「どうしても運びたかったんですよ~(笑)」

お客様:「(笑)」

なんて話が良く現場では飛び交ってます・・・。

ピアノ屋はピアノしか運ばない?という一般概念的なイメージが強い

のでしょうか?

実は機械関係や特殊な製品・作業で広範囲なシェアをいただいてます。

 精密機器・重量物・オーディオ・医療機器・通信設備などお問い合わせください
  ⇒
池田ピアノグループ(関東全域自社エリア・国内全エリアネットワーク保有)

そんな

ピアノ屋はピアノしか運ばない?

的な
一般概念を払しょくさせていただくため、

先日行った作業の御紹介をさせていただきたいと思います。


神奈川県のとある印刷会社様に大型のワイドプリンターの搬入で

伺ってきました。

2階へ搬入のため、窓の外にステージを制作しての搬入となりました。



強度と水平を確認しながら作業を進めていきます。



準備が出来ると、製品を吊上げて搬入します。



クレーンのオペレーターと息を併せて指で合図しながら慎重に

ステージの上に降ろしていきます。

製品と作業員の両方の安全を確認しながらの作業です。



最も緊張が漂う瞬間でもあります。

私はこの緊張感がたまらなく好きなんです(笑)

アドレナリンでも出ているのでしょうか?(笑)



そして、予定通りスムーズに作業が完了。ほっと一息です。



ピアノ運送屋さんですので、重たいものは実は得意なんです。

クレーンが届かなくても、

階段が狭くても、

どう見ても入りそうになくても、

絶対無理とあきらめずに、まずはお問い合わせください。

私はこの業界では若手で、まだまだ未熟ですが、

「これは無理ですね・・・。」

1回だけお客様に、そう答えざるを得なかった現場がありました・・・。

今でも悔しかったことを覚えています・・・。

    ピアノ・家具・オーディオ・機械・重量物の輸送・設置は
  
池田ピアノグループへ⇒http://www.ikedapiano.co.jp/

そう、当社にとってピアノ輸送は特殊技術の結晶

その特殊技術を様々な製品輸送に活かしてます。


長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

ぜひ次回をお楽しみに。

当社社長のブログ⇒http://ameblo.jp/ikedapiano-teru/
池田ピアノ運送株式会社⇒http://www.ikedapiano.co.jp/
常総梱包運輸有限会社⇒http://www.josokonpo.com/

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.ikedapiano.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/386

Home
池田ピアノ運送

Google +1