« 2022年6月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
2011年6月 1日

トラウマ

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

「常に前向きに」が人生訓な私ですが、今日は少し参ったお話。

小さいころから六甲山の大自然の中で育った私は生き物が好き。

動物も昆虫も、爬虫類もぜんぜん平気でした。

(ちなみにご存知ない方多いですが、実は私、パリパリの関西弁です。)

さて、なぜこんなお話をさせていただくかというと。。。

何年くらい前でしょうか?当時、ほとんど毎日ピアノの仕事しか

していなかった頃に、千葉の、とある山間部にピアノのお引取りで

伺ったお宅がありました。

長年、置いてあったらしく、ピアノの後ろがだいぶ埃がたまって

いる雰囲気でした。どんな綺麗なお宅でもやはり埃はたまるもの。

それを綺麗にお掃除させていただくサービスをご提供しています。

ピアノ清掃無料!サービス⇒池田ピアノ運送株式会社

さっそくピアノを置いてあった場所から担ぎやすい状態にするのに

少し前に出す為に、後ろの取っ手を持ってピアノをずらそうと・・・

「むにゅ」

「むにゅ」って?

とてつもなく嫌な感触。。。。。。

ピアノの後ろを持って「むにゅ」って想像出来ます???

このブログ書いてて思い出して少し鳥肌が・・・(笑)

取っ手に「クモ」の脱皮した抜け殻?死骸?がくっついてたのですが

この抜け殻?死骸?が相当大きい。私の手のひらほど。

何の気無しにそのままピアノを出して、やっぱり気持ち悪いので

お客様にホウキをお借りしてお庭で掃除しようとしたその時!

その抜け殻の元持ち主と思われる生きたクモが「ピヨン」・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・。

また鳥肌。。。

なんでこんなネタを書いてしまったのか、いまさら後悔。

トラウマってこういうときに発生するものだと、そのとき初めて

知りました。

そんな訳でクモ、無理!です。例えプチでも・・。

ちなみに先日ご紹介した上司の若林課長、ゴキブリ無理です(笑)

万が一、クモとゴキブリが同時に出た日には、当社の事務所は・・。

考えただけで恐ろしい。。

でもピアノの後ろ、お掃除いたします(笑)

ピアノ再生いたします。
クリーニング/調律/修理/再塗装/メンテナンス全般実施
⇒株式会社アフター
池田ピアノ運送株式会社
⇒常総梱包運輸有限会社

多分?クモもゴキブリも平気!当社代表のブログ
⇒池田輝男の「社長奮闘記」

Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.ikedapiano.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/391

Home
池田ピアノ運送

Google +1