« 2022年6月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
2011年5月27日

実験したりします

 こんにちは。ブログ担当・小久保です。

この前、「目見当」がどうのこうの、などとカッコイイ事を書きましたが、

稀に「やってみなきゃ分かりません」という場合があります。

熟練のベテランが見ても分からない場合があるんです。

私は過去に1回ありましたが、とあるお客様(個人様)の家にピアノが

入っていたんです。

このピアノ、部屋に入れるときにギリギリだったんですが、いざ御引越で

私が出しに行くと、部屋から出ないんです・・・。

最低限(新聞紙)でドアとピアノの隙間に養生して、殆どピアノを裸で

担いでも出ない・・・。傷が付くと困るのでやめました。。。。。

建てつけの問題で、木が膨らんだのが原因でした。

「あと1mmあれば出たのに~」などとボヤキながらピアノを解体して

搬出したのを覚えています。

事前に狭いことが分かっていると、下見に伺います。

ほとんどが目見当で可否が分かるのですが、たまにメジャーを使います。

それでも分からない難しい場合があります。

そういう場合、「模型」を作ります。

再度、お客様にアポを頂いて、製品寸法ぴったりの模型を作る。



先日は洗濯機の模型を作りました。



家の裏側を通して、洗濯機がこんな感じに進んでいきます。

ギリギリなので養生も出来ず、という想定です。



模型で測ってみたら通路・窓ともに余裕は2mm。

角度も絡むので測っても分からないはずですよね。。。

最終的にこの窓から、正面にある鉄の杭をかわしながらお風呂場に搬入。

こちらの現場も見ただけ・測っただけでは判断が付かず、

最終的に模型を使って判断して、正解でした。

無事収まり、めでたしめでたし!

まさに、「やってみなきゃわからない」の代表的な納品でした。

ここで、当社の強みというのが、

「やってみなきゃわからない」のですが、

「やったら殆ど確実に入る」というところ。

当社の他の担当者同様、私もチャレンジ精神が旺盛(笑)なので、

いろいろな難しい現場に取り組んできました

入らなかったのは先日ブログで書かせていただいた1件。


何が何でも搬入する、というスタンス

ピアノ屋ならではの「技」が光るお話しでした。


お試しはこちら池田ピアノ運送株式会社http://www.ikedapiano.co.jp
              ⇒常総梱包運輸有限会社http://josokonpo.com/

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回をお楽しみに!



 大型家電/家具の特殊搬入・家財/オーディオの搬入など、個人様大歓迎!
  欲しかったソファーをぜひリビングに!
   諦めていた大型省電力冷蔵庫をキッチンに!
    池田ピアノ運送株式会社http://www.ikedapiano.co.jp

   ⇒常総梱包運輸有限会社http://josokonpo.com/





Google +1

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.ikedapiano.co.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/389

Home
池田ピアノ運送

Google +1